moutei’s blog

都内でエンジニアをしています。妻子あり。主に育児について書いていきます。

自社開発企業の新卒面接において、ポテンシャルは関係ない

自社開発のweb企業の新卒採用を5年以上経験している立場として、新卒採用について書きたい。

 

f:id:moutei:20210113030205p:plain

自己紹介

開発チームのリーダーのポジションをしていて、新卒の1次面接をかれこれ5年近く経験している。

以前に2年間ほど、中途採用の書類選考、1次、2次面接官を担当したこともある。

 

会社の知名度で言えば、恐らく多くの若者は名前は知っているであろうwebサービスを提供している会社に所属している。ベンチャーという規模ではない。

 

面接では技術に対して結構深掘りしたりコードも書かせるため、入るためのハードルはそれなりに高い企業だと思う。

 

エンジニアはアスリートである

人事担当から採用が始まる時期に毎年面接官向けに開催される説明会があり、毎回次のように言われる。

「新卒採用は即戦力にはなりませんが、数年後に会社の戦力になる人材を採用する大事なものです。現時点の能力だけで評価せず、ポテンシャルも評価してあげてください」

これを聞く度に、毎回「エンジニアというものを理解していないな」と思う。

 

ちなみに、私の会社の場合、人事担当者は採用に対して全く決定権はない。面接にも同席しない。

 

私は、エンジニアはアスリートに近いと思っている。

スポーツの世界では、才能のあるルーキーが2軍で10年やっている選手より優秀なことが良くある。

同じように、SESで10年経験のあるそれなりのエンジニアより、自社開発企業の新卒が優秀なことなど、ざらにある。

 

これまでに何名か新卒がチームに入っているが、いずれもすぐに即戦力として活躍をしてくれている。それが会社の求めるレベルという事になっている。

 

幸いエンジニアは他の仕事に比べて業務内容のイメージがしやすく、知識を得る方法はたくさんある。

そもそもエンジニアを目指すなら、技術を学ぶことは好きなはずで、知識を求めることは自然に行われるべきである。

そういう状況において、就活の段階までに業務に直結する技術を蓄えられなかったという時点で、すでにポテンシャルがないことを示していると私は思う。

 

ポテンシャル採用はSESだけの世界である

一方、SES企業はポテンシャル採用がメインとなる。

私自身、新卒ではSESの会社に就職をした。全国に支店がある社員数が数千人規模の会社だった。面接官はエンジニアではなく、支店長か何かの役職者だった。

面接では「君、人当たりが良いから、技術営業にも向いてそうだね」とか言われて、特に技術的なツッコミもなく、受かってしまった。

当時、「Fラン大学だったし、地方だったし、東京の有名なweb企業への就職なんて無理だよなぁ」と思っていた。実際大した知識も無かったので、まあ落ち着くところに落ち着いた、という形にはなる。

 

SESでは面接官が技術を分かっていないため、そのレベルの面接しか出来ない。JavaJAVAと書いても間違いに気づかない人事担当者が面接をしたりもする。

応募してくる学生も、「文系ですが大学の講義でプログラミングをやって面白いと思いました。これからはITの時代だと思います。」というレベルの応募者が平気で来る。

 

結局「ほとんど知識は無さそうけど、そこそこの大学だから地頭は良さそうだし、素直そうだし、教えたら伸びそうだな」などという、いわゆるポテンシャル採用がされることになるのだ。

 

 

 

 

保育園のIT利用状況

子どもが東京23区内の私立認可保育園に通っている。

出来てから数年の保育園で、運営母体は多くの園を有している大手にはなるので、IT化については進んでいる方かもしれない。

何人か友人と話した感じでは、他に比べて進んでいるような印象は受けた。

 

そこで、今通っている園のITの利用状況を紹介したいと思う。

 

スマホアプリの活用

スマホのアプリとしてはhugnote、webアプリとしてパステルAppsというものを使っている。

f:id:moutei:20210112024805p:plain

hugnote

www.hugmo.net

 

apps.passtell.jp

 

 

hugnoteでは以下のことが可能。

  • 日々の保育内容のお知らせ
  • 連絡事項の確認
  • 食事やおやつのメニューの確認
  • 月次出席状況の確認

 

「日々の保育内容のお知らせ」として、保育士が毎日「今日は○○公園に行きました」「○○で遊びました」のような保育内容を、子どもの写真付きでアップしてくれている。

 

パステルAppsでは以下のことが可能。

  • 月次登園予定表の登録、更新、確認
  • 登降園管理のQRコードの表示

月に1回、次月の登園予定を登録し、通院などで遅れたりする場合は都度前日までに更新を行う。

 

登園は、入り口のタブレットのアプリにQRコードを読み取らせる仕組みで行う。

 

アナログなこと

もちろんアナログなこともある。

 

家での子どもの様子や園での様子を保護者と保育士で共有するために、手書きのノートがある。

手書きの方が双方ともに所要時間が短くて済むと思し、これはこれで良いとは思う。

ただ、「卒園する頃には何冊溜まっているんだろう、取っておきたいけど場所取るよね」と思うことはある。

 

 

区や園からのお知らせを、紙で受け取る。

pdfか何かにしてhugnoteに投稿して、こちらはそれを見れば済むようにして欲しい。

「それだと見ない心配がある」と言うなら、ノートに「hugnoteのお知らせの確認をお願いします」と一言書けば良いのではないだろうか。

 

子持ちエンジニアのテレワークの1日

1歳の子どもを持つテレワークのエンジニアの1日を紹介したいと思う。

私の勤務体系はテレワークで裁量労働制。勤務開始と終了時に、slackのチームチャンネルで報告をするルールになっている。

妻はフルタイム勤務で会社に出社して勤務していて、基本的に残業はない。

 

おおまかなスケジュール

まずは7時半に私が起床。子どもの朝ご飯を10分くらいで作る。朝ご飯を作るのは私の担当。基本的に冷凍してあるものをレンジでチンをしたり、ヨーグルトやスープを準備するなど、すぐ出来るものばかり。

ご飯が出来た頃に子どもを起こして食べさせる。自分の朝ご飯はまだ食べないが、バタバタで空腹を感じている余裕はない。

8時頃に妻が起きてくる。

 

8時半に保育園に向けて出発。少し遠いのでバスで行っている。

保育園の送りは私の担当、迎えは妻が担当。

 

保育園に子どもを預けた後、9時に保育園の近くのカフェでモーニングを食べながら、株価をチェックしたりタブレットで読書をする。

10時頃にウチに帰ってくる。

ここからコーヒーを入れたり、勉強をしたり、また少し寛ぐ。

 

10時半くらいから勤務開始。その後、12時半から15分間の朝会がある。

朝会が終わったらお昼。近所にランチをしに行ったり、忙しいときは冷凍パスタなどを家で食べる。

たまには同僚とリモートランチをしたりもする。

 

仕事の合間に休憩がてら、洗濯をしたりお風呂を洗って湯を張るなど、少し家事をやる。

 

18時半に妻が子どもと一緒に帰ってくるので、すぐに私が子どもをお風呂に入れる。お風呂は私の担当。

まだ勤務中なので、ここは「離席」みたいな感じにしている。特にslackで連絡はしていない。

ありがたいことに基本的に18時半以降にはMTGが入ることはない。

私が子どもをお風呂に入れている間に、妻が子どもの夕食を準備。

 

お風呂から出たらslackをチェックし、来ていれば対応をする。

来ていなければ私が子どもにドライヤーをしたり服を着せるが、来ていたら妻にお願いする。

妻と二人で子どもに夕食を食べさせる。食べ終わったら妻が子どもを寝かしつける。ぐずっても大抵1時間以内では寝てくれる。その間、私は仕事をする。

 

子どもが寝たら、妻が僕らの食事の準備をする。その後、一緒に食事をする。

まだ勤務中なので、私は少し急ぎ目で食べる。

 

仕事に戻り、21時半〜22時まで働く。

 

勤務時間で言うと、以下のような感じになるが、合計で8時間くらいは働いている。

  • 10時半〜18時半で7時間(休憩1時間)
  • 19時半〜22時の間で1〜2時間。

 

ポイントは18時以降の行動

チームには私の他にも小さな子どもがいるメンバーが多いため、基本的にどの家も18時あたりからバタバタする。

そのため、18時以降にMTGを入れることは基本的にほとんどなく、これ以降のslackの問い合わせも返事が遅れることを想定して行うというのが暗黙のルールになっている。

 

チーム内にこういった理解があることは、とても望ましい環境にいられていると思う。

 

 

 

 

1歳4ヶ月になると出来ること

息子が1歳4ヶ月になり、出来ることが増えてきた。

なお、初めての子なので、発育の度合いが普通かどうかは分からない。身体のサイズ的には普通。

 

f:id:moutei:20210111234100j:plain

 

出来るようになったこと
 

親として一番気に入っているのが「おじぎ」だ。

こちらが「おはよう」とか「ありがとう」で頭を下げると、それに合わせてぺこりと頭を下げることが出来る。

これがとても可愛い。最敬礼のように全身を使って深々と行ってくれる。

飲食店の店員さんに対して出来たときは、とても微笑ましい気分になる。

 

手を繋いで外を歩けるようになった。たまに転んでしまうことがあるが、基本的には転ばずに歩ける。近所のスーパーまでの300メートルくらいの距離は全然余裕だ。

 

歯磨きはとりあえず歯ブラシを口に入れて動かすことは出来るようになった。

オレンジ味のジェルみたいな歯磨き粉をつけているので、味わっているだけかもしれない。

もちろん全然磨けてはいないので、親が磨いてあげる必要がある。

 

 

 

以前はローソファーに昇ったはいいが降りれなくて、泣いたり頭から落ちようとしていることがあったが、今は足から降りることが出来るようになった。

 

食事の時に「いただきます」は出来ないので、強引に手を合わせようとすると、なんとなくは合わせてくれる。なぜか笑顔になる。

 

スプーンに食べ物を乗せてそれを持たせてあげると、そのまま口まで運ぶ。まあまあの確率で途中で食べ物を落とす。

 

 

 

 

まだ出来ないこと

言葉を発することはまだ苦手。パパやママはまだ言えない。「ばぁば」と発言したことはある(ばぁばのいないところで)。

「んーま」と連呼することがよくある。

 

保育園に預けて別れるときに「バイバイ」は出来ない。ぽけーっとこちらを見つめている。特に寂しそうにはしていない。他の子が代わりにバイバイをしてくれる。

 

 

バイオハザードRE:3 のマービン、ブラッド、ケンドについて

バイオハザードRE:3の脇役である、マービン、ブラッド、ケンドについて考えてみた。

 

なお、 作品自体のレビューは以下に記載している 。

moutei.hatenablog.com

 

マービン

マービンは個人的にとても好きなキャラだ。自分が大怪我しているにもかかわらず、仲間や市民のことを第一に考える、警官の鏡と言ってもいい人物である。

発売前に公開されたトレーラーで「許してくれ」という台詞とともに登場していたが、マービンが出てくることが嬉しくて「マービン!」と叫んでしまったほど、とてもテンションが上がった。

YouTube!にアウトブレイクRE:2のマービンの登場シーンをまとめた動画がアップされているので、これを見ればマービンの人となりが分かるだろう。

 


バイオハザードRE2 マービンは何故噛まれた?時系列につなげてみた

 

マービンはRE:2の時にレオンに対して、「やつら(ゾンビ)を見つけたら相手が警官だろうと決してためらうな。殺すか逃げるか、どちらかだ」と言っていた。

この台詞から、マービンは仲間の警官に対して発砲をためらったばかりに噛まれてしまったと思っていた。

今回マービンが登場するということで、そのあたりの経緯が明らかになるのかと期待していた。

 

結果、そのシーンは確かにあった。噛みついたのはブラッドで、それもこれ以上のものは無いと思えるくらいの最高の演出だった。CAPCOMさんありがとう。

 

ブラッド

発売前のトレーラーに登場したブラッドは、これまでの細身のイメージからビルドアップした体型に見えたので、頼もしい存在としてジルを助けてくれるかもしれないと期待していた。

残念ながらその期待は、開始15分で消え去ってしまった。いきなりゾンビに腕を噛まれてしまい、もう助からないことを悟ると、ジルを逃がすための時間稼ぎをするのが精一杯だった。その時間稼ぎも20秒程度で終わった。

 

まず、追跡者が自分やジルを狙っているのを知りながらジルを迎えに来てくれたのに、丸腰というのがあり得ない。

 

もう出番はなさそうだと思っていたブラッドだが、その後2回も登場シーンがある。1回目は、ゾンビ化してマービンの目の前に現れる。ブラッドの頭部に銃口を向けて放ったマービンの「許してくれ」の台詞に対して、「許してくれ」と返し、驚いたマービンの隙を突いて噛みついた。さっきも書いたが、このシーンは実に素晴らしい。もう出番はなさそうだと思ってしまった自分を恥じたい。ブラッド、申し訳ない。

あとは、ナイトメア以上の難易度だと、備品保管庫に入ってくる。こっちは本当に驚いた。

 

余談だが、コナン好きとしては、ブラッドの声優がコナンの高木刑事で、ジルの声優が佐藤刑事なことに気づき、笑ってしまった。

 

ケンド 

ケンドも個人的に大好きなキャラだ。RE:2の「なぜ俺たちがこんな目に遭う?」という台詞には胸が締め付けられる思いだった。

 

ただ、今回のケンドの登場シーンについては、正直あってもなくてもいい程度のものだったように思う。

ケンドの見せに立ち寄ったジルは、ケンドに一緒に来るように言うが、ケンドは「タイミングが悪いんだ」と言って断ってしまう。

ジルがケンドに会うのはRE:2の少しの前の時間帯になるが、ケンドの台詞から察するに、既に娘のエマはゾンビに噛まれた後だったのだろう。

その事をジルには話さなかったが、これは話してほしかった。

もしくは、ケンド達がゾンビに襲われているところを通りかかったジルが加勢に入るが、間に合わずエマが噛まれてしまった、というシチュエーションが見たかった。

 

そして、身近な人が大切な人を失うという悲劇を生み出したアンブレラに対して、怒りに震えるジルの顔が見たかったのに、残念である。

 

 

バイオハザードRE:3 DLCに期待すること

先日発売されたバイオハザードRE:3 だが、DLCがありそうな気がする。

DLCの内容について期待することを書いてみた。

 

なお、 バイオハザードRE:3 のレビューは以下に記載しているので、良かったら合わせて読んでみてもらいたい。

moutei.hatenablog.com

 

バイオハザードRE:2のDLCについて

昨年発売されたバイオハザードRE:2にもDLCがあったが、これは不評だったように思う。

 

バイオ2で死んでしまった4人がもし生きていたら、という話を描いた「if」ストーリーという触れ込みに期待したファンも多かった。

だが蓋を開けてみると、オープニングとエンディングに1枚絵とテキストがあるだけで、ストーリーを楽しむ要素など皆無に等しく、内容はハンクのアレンジ版みたいなものだった。

 

BIOHAZARD RE:2 Z Version  - PS4

BIOHAZARD RE:2 Z Version - PS4

  • 発売日: 2019/01/25
  • メディア: Video Game
 

 

掲示板では「こういうのが欲しかったんじゃない」という意見が多く見られた。

私も同感だ。 ストーリーを楽しめる要素が欲しい。

 

バイオハザードRE:3のDLCはあるのか

4/28(水)時点では、まだDLCは発表されていない。ただ、最近のバイオだと当たり前に存在する要素になったため、RE:3においても用意される可能性は非常に高い。

 

RE:2の時は、発売から2週間後の1/29に発表がありその2週間後に配信された。

https://www.famitsu.com/news/201901/29171171.html

 

RE:3は発売されて既に20日が経過しており、発表は近いかもしれない。

ただ、今回はGWがあったりコロナの影響があるため、遅くなる可能性も考えられる。

 

 

期待するDLCとは

掲示板の意見を見ると、マーセナリーズよりもストーリーを楽しむDLCが欲しいという声が多いように見える。

マーセナリーズとは、オリジナルの3にもあった、カルロスやニコライを操って、制限時間内に目的地まで到着することを目指すゲームだ。

興味があればこちらの掲示板を見てみてもらいたい。

https://actgameslog.net/archives/post36416.html

 

私としても、本編のストーリーを補完してくれるようなストーリーを楽しむDLCが欲しい。

特にカルロスやニコライには謎が残っている。

 

 カルロスについて

カルロスには、ジルにワクチンを注射してからネメシス第二形態の戦闘で再開するまでの間、空白の時間がある。この間、地下施設でいったい何をしていたのだろう。タイレルに「やることがある」と言って地下施設に向かったが、やることとは何だったのだろうか。

ワクチンを手に入れることだったのか、ニコライを探すことだったのか、それとも他に目的があったのか。

隊長であるミハイルはニコライの事を怪しんでいたが、そのことについてカルロスにはこっそり打ちあけてはいなかったのだろうか。

 

ニコライについて 

ニコライはカルロス以上に謎が多い。U.B.C.S隊員は表の顔で、アンブレラに敵対する何者かに雇われた工作員という裏の顔を持つ。

 

雇い主との関係として、アンブレラのTウィルス漏洩の証拠隠滅を妨害し責任を明確化すること、アンブレラのBOWの戦闘データを取ること、という契約書が交わされている。

直接「雇い主のアンブレラを潰せという命に従ったまでだ」と言う台詞まである。

 

射撃能力や格闘シーンを見ると軍人としての戦闘力の高さは分かるが、依頼されるに至ったバックグラウンドについて何も明らかになっていない。

 

また、Tウィルス漏洩の証拠隠滅を妨害するために行った具体的な行動は何も語られていない。バードを殺害したのがニコライかどうかも明らかになっていないが、殺害するに値する理由も分からない。

 

そして、ラストにジルの目の前でワクチンを破壊するところも、何の意味があるのかが分からなかった。

 

生死については明らかにされてはいない。

ジル達が乗ったヘリの奥にもう1台ヘリがあることが見えているので、そのヘリに乗ってラクーンにミサイルが到着する前に逃げ延びた可能性もある。

  

このあたりについて触れることが出来るDLCを期待したいと思っている。

 

 

バイオハザードRE:3 ストーリーについて思うこと

 先日、バイオハザードRE:3のストーリーについて、おおまかな流れを紹介した。

 

moutei.hatenablog.com

 

 

今回はストーリーについて思うことについて書いてみたい。

ゲームとしては素晴らしい出来だったが、ストーリーは再考の余地があったと思う。

自己紹介

先に軽く自己紹介をしたい。

昔から映画が好きで、特に高校生の頃は3年間で500本以上の映画を見た。

よく行くレンタルビデオ店で、旧作15本を7泊8日で1000円という破格の安さで借りることが出来たので、よく借りていた。この頃はSFとホラーが好きだった。

 

最近はHuluとアマプラに加入しているので、ゾンビ映画はかなりの数を見ている。

好きなゾンビ映画は正統派のホラー路線で言うと、ドーン・オブ・ザ・デッドデイ・オブ・ザ・デッドバイオハザード1、2など。

 

思うこと

主に不満に思うことは2点ある。

ジルとカルロスの信頼関係の構築と、ジルの感染に対する恐怖が描ききれていないと感じた。

 

二人の信頼関係について

市民を救助するために地下鉄を動かすという重要な作戦において、カルロスは会ったばかりのジルに危険な役回りを任せている。

カルロスは隊長からジルが特殊救助部隊に所属するエリートだと紹介されるが、それだけで射撃能力などは全く分かっていない。武器もハンドガンくらいしかないことも想像が付く。

その状況でジルの身を案じることもなく、多くのゾンビが徘徊する地上を通って変電所まで向かうという危険な役を命じていることは、あまりにも不自然だ。

どう考えても、線路の瓦礫を撤去するというカルロスの役よりも危険が大きい。

 

つまり、カルロスがいきなり会ったジルを信頼しすぎていることに違和感があり、行動を共にする中でお互いの力を認め信頼を得ていくという過程がうまく描けていないのだ。

 

もちろんゲーム性を考えると、二人で変電所に向かう展開を描くのが難しいのは分かるが、せめて消火ホースが必要な箇所までは二人でゾンビを倒しながら進むムービーで展開して、カルロスがジルの実力を認めたところで二手に分かれたほうが良かったのではないだろうか。

 もしくはジルが「ゾンビと闘うのは今回が初めてじゃない」と言って、自らその役を買って出てくれれば良かったと思う。

 

結果、ジルはドレインディモスにムゴい目に遭わされながらもなんとか電力を確保することに成功するが、カルロスには「よしいいぞ」と上から目線で軽く言われる始末だ。

 

その後も二人が会話をするシーンが少なすぎる。

せっかく合流できても、追跡者をまくために一瞬で離ればなれになったり、カルロスが別任務が出来たと言いジルが乗る地下鉄には乗らなかったりと、すれ違いが続く。

 

所々二人が無線で交信をするシーンはある。もちろん映画「ダイハード」のジョンとアルのように無線で話すことで信頼を深めるのもありだとは思う。

でもそのために必要なのは、お互いのプライベートについて話すことだ。安全が確保できたシーンなどで、そういう話をすることが重要だと思う。

ホラーを描く上で、常に緊張状態を描くよりも安全なシーンも入れることでメリハリが付く。

 

そういうシーンは残念ながらなかった。話をするシーンを入れるためにも、地下鉄の途中の駅までは一緒に乗る流れの方が良かったように思う。

 

映画であれば無線のシーンは二人の顔が交互に映りながら会話が展開されるが、バイオ3だとジルの後方からの視点固定で描かれていて、二人の表情が映らないのも良くない。

 

 

そして、プライベートな話はおろか、バイオ1で体験した洋館事件についてもジルはカルロスに語っていない。

 

そんな感じで二人がお互いのことをよく知らないまま、最大の見せ場になるかと期待した、ジルが感染するシーンを迎える。

 

ジルの感染

オープニングは、ウィルスに感染したジルがゾンビ化する前にハンドガンで自分の頭を打ち抜く、という夢を見るシーンから始まる。

オリジナルの3のストーリーは知っていてジルが感染することも知っていたので、そのシーンを盛り上げるための伏線としてとてもいいと思った。

 

ジルは追跡者の触手で腕に刺された直後、いきなり気を失ってしまう。この時にウィルスを注入されたのだが、その後カルロスが見つけてきたワクチンで回復するまで、全く目を覚ますことがない。

つまり、ウィルスに感染したことに対する恐怖が全く描かれていないのだ。

 

オリジナルの3だと、感染したジルは意識があり、カルロスに自分がゾンビになったら撃ってくれ、と懇願するシーンがある。

こういう展開をPS4の綺麗なグラフィックで見たかったというのに、RE:3で無かったことが非常に残念でならない。

 

冒頭の自分の頭を打ち抜くシーンが台無しになった気分だった。

 

ワクチン注射後、ジルの目が覚めないままカルロスは先に向かってしまうため、自分のために傷つきながらワクチンを取ってきたカルロスの姿を見ることも出来ていない。

ワクチンを注射されたときに、ジルにはいったん意識を取り戻して欲しかった。

 

そして、ラストまでジルがカルロスに自分の命を救ってくれたことへの感謝を伝えるシーンは無かった。