エンジニアとパパ育児

都内でエンジニアをしています。妻子あり。主に育児について書いていきます。

エンジニア男子よ、技術に逃げるな。

 

エンジニア系YouTuberの勝又健太氏のエンジニア男子よ、技術に逃げるな。という動画を見た。

私も同じWebエンジニアであり、とても興味深いタイトルの動画だった。

本記事ではエンジニアという表現をWebエンジニアという意味で記す。このように前置きをしないと、他の業界のエンジニアから「ウチは違う」みたいに言われることがあるからだ。

 

www.youtube.com

 

動画の内容

勝又氏のお話を簡単にまとめると次のようになる。

  • 技術オタク系のエンジニアから「技術から逃げるな」と言われることがちょくちょくあるが、自身(勝又氏)に言わせれば多くのエンジニアが技術に逃避している。
  • 自身は技術のタスクが一番面白いと感じていて、技術だけをやっていて欲しいものが全て手に入るなら技術に関わることだけをやっていたいというのが本音。
  • 技術だけをやっていても、エンジニア以外から興味を持ってもらったり、モテたり、現在と桁違いの収入を得ることには繋がらない。
  • エンジニアは、恋愛やモテなど自分が本当に興味があるものから逃避した結果、エンジニアという職業にたどり着いた人がかなり多いのではないか。
  • モテに関しては若い人が圧倒的に有利なので、そのゴールデンタイムをエンジニア界隈で過ごすのはもったいない。
  • エンジニア界隈での評価は、エンジニアの世界を出るとほとんど通用しない。
  • 起業家やBiz系の交流会では、技術ばかりをやってきたエンジニアは興味を持ってもらえない。
  • 技術ばかりやってきた人はプログラミングマシーンで、機能には魅力があるものの人として繋がろうとは思われない。
  • 面白い人と繋がって自分の人生に面白い出来事を巻き起こしたい20代エンジニアは、もうちょっと頑張って技術以外に目を向けてみてはどうか。

 

皆さんはどのように感じただろうか。

 

私が考えるエンジニアが技術に逃げてしまう理由

エンジニアが技術に逃げてしまう理由はいくつかある。

技術が好きだが他のことが苦手なパターン

技術について考えている時間が好きで、それ以外の事、例えば人とのやりとりが苦手だったり好きではないというパターンだ。

こういうエンジニアは非常に多い。ただこれを逃げと表現していいのか悩む部分はある。好きな事、得意なことを突き詰めていきたいと考えるのは、人生の充実度や幸福を考える上で正しい選択とも言えるからだ。苦手なことをしてストレスを貯めてまで収入を上げたいとは思わない、と言うのはまっとうな意見でもある。

元々エンジニアは一般的に他の職業に比べて給与が良く、人並み以上の生活は送ることが出来ているし、タワマンに住みたいとか高級車に乗りたいなどの願望がない人も多い。

 

勝又氏に対して「技術から逃げるな」と言っているのがどういった層なのかは気になる。勝又氏はプレイヤーとして豊富な実務経験を持つ人物で、十分なベースを持ちながらその上で色々なビジネスを行っているという認識だ。

 

技術に自信がある人間であれば、人には得手不得手があり色々な人がいることで組織や社会が回っていることを俯瞰できてもいいように思うのだが。そのため、言っている人は自信のなさの裏返しでは?のようにも感じてしまうのだ。

 

技術にあまり自信が無いが、技術以外に目を向ける余裕がないパターン

プログラミングは好きでプログラミングをずっと続けていきたいと思ってはいるが、技術に自信は無く、定年まで続けていけるのか不安に思っているパターンだ。

学生自体にそれなりに勉強してきたという自負があっても、就職してみて自分の能力が他愛のないものだと気づかされることも多い。

 

それにエンジニア界隈、特にWeb業界は技術革新が著しく、選択できる技術の種類も無数にある。せっかく大きな学習コストを掛けても数年で陳腐化してしまうことも珍しくない。

 

そのため、平日の就業後や休みの日にある程度の勉強をすることが、半ば強制になっている人も多い。若いうちは課せられる責務も限られているし、体力もあるからなんとかなる。

でも数年後中堅クラスになり、若い頃以上のパフォーマンスを求められるようになってくるとプレッシャーに感じ始める。

そのため、技術以外のことに目を向ける余裕が無くなってしまうのだ。このパターンは30歳すぎくらいに多い。

 

技術だけが問われてしまうパターン

ここが私が最も話したい部分となる。

勝又氏の動画で出てきた表現にプログラミングマシーンというものがあった。実に的確な表現であるが、現代のエンジニアはプログラミングマシーンであることを求められる。

エンジニアは他の部署から「あいつら(エンジニア)はビジネスのことなんか分からないし興味も無い」と思われてしまいがちだ。

 

これはエンジニア業界の大きな問題点であり、またビジネスチャンスでもあると思っている。自身でも何か出来ないか考えてはいるのだが、まだ行動には起こせていない。

 

実際の所、エンジニアリングに必要な能力はビジネス全般において広く活用できるものだ。

文章の読解力、豊富な情報の把握や整理、問題点の抽出、情報収集、ソリューションの立案など多岐にわたる。

成果物としてはコードであるが、これだけの過程を得て作られるものなのだ。いや、この過程次第で品質や内容を大きく変えることが出来ると言うべきだろうか。この点が世間に認識されていない。

「それはSIerの仕事では?」と思われるかも知れないが、れっきとしたWeb業界の話である。自社でWebサービスを展開しており自社で完結するからこそ、他の部署とフラットに付き合うことが出来る。下請けに流さないからこそ、細部まで自身で突き詰めることが出来る。

 

そして、一定以上の品質を実現するためには、コードを書く経験を一定以上積むことが必須であると考えている。ここが重要だ。

if文、for文が分かっていればプログラミングは書ける、RailsとJSがある程度分かれば十分だと思っているようなレベルでは全然足りない。

複数の言語を身につけたり、DDDや○○アーキテクチャデザインパターン、マイクロサービスなどの理解が幅広い発想や柔軟性を生む。

 

つまり、エンジニアはコードを書かないとしても活躍の場は大いにあるはずなのだ。

技術以外に強みを持つエンジニアが日の目を見る時代は訪れると思っている。

 

東大卒は仕事が出来ないという考え方は、前時代のものである

しばしば「勉強が出来ても仕事が出来ない人」という表現が使われることがある。

このような記事を見たことがある人もいるだろう。

news.yahoo.co.jp

 

記事では東大卒の、勉強一辺倒だったがゆえのコミュニケーション能力の欠如という表現が使われている。

東大卒の人の台詞がこちらだ。

 「俺が並の数字しかあげられないなかで、マーチ(明治・青山学院・立教・中央・法政)卒の『学生時代はイベント系サークルやテニスサークルでひたすら楽しんでいました』みたいな連中が、口のうまさと体力にあかしてガンガン契約をとってくる」

 

私はエンジニアというジョブ型の仕事をしているが、このようなメンバーシップ型を前提にした記事には違和感を覚える。

この問題のキーポイントは、本人の能力や適正と業務内容のミスマッチが引き起こした点、つまりメンバーシップ型に原因があると思っている。ジョブ型であれば十分に能力を発揮できた可能性があるのだ。

 

今後ジョブ型へのシフトが起こることで、頭のいい人は自身の能力や適正に合ったふさわしい仕事を得やすくなる。なぜなら、普通の人に比べて何かを習得するスピードが速いからだ。

短時間に物事を理解し記憶に定着させる能力は、高校受験や大学受験で培われる。その能力で在学中にスキル習得に励み、社会に出てから活用しやすくなる時代になる。

 

これから求められるコミュニケーションとは

リモートワークが普及し、コミュニケーションのあり方も変わってきた。コミュニケーション能力の定義も変わることになる。

これにについては別の機会に書こうと思っている。

 

大学卒業後、お金を払って実務経験を買う時代が来るのか

前回ジョブ型に関する記事を書いた。今回もジョブ型の話となる。

moutei.hatenablog.com

今の時代、大学を卒業したら新卒一括採用で就職するのが当たり前だ。
逆に言うと、それを逃すと正社員になるハードルが高い構造の社会になっている。
 
しかし、ジョブ型が主流になれば新卒一括採用は当然変わっていく。
ジョブ型はスキルで人を評価する。職務経験が無い新卒にとってこれは非常に厳しい。
 
今の新卒採用面接ではガクチカと言って、「学生時代に力を入れたこと」を聞くのが当然と言われている。そんなことは聞かれなくなり、何が出来るのかを聞かれる。
 
ちなみに私はエンジニアだが、ジョブ型であるエンジニアは面接でガクチカは聞かない。
 

新卒が就職するためには

ジョブ型の時代において、就職するためには新卒だろうが明確なスキルを身につけるしかなくなる。
そのために、大学とは別のスクールなり教材なりに金を払うことになるだろう。
国としても何かしらの方針を打ち出す可能性は高い。
 
 
1つ事例を紹介したい。
昨年、エンジニアの実務経験を「お金で買える」ギミジョブというものが話題になっ
た。
 
 
エンジニアになろうと独学やプログラミングスクールで勉強をしても、中途の場合は就職することは中々に難しい。いくら勉強をしたところで、実務で求められる能力とは大きな隔たりがあるからだ。
そこで、お金を払ってでも実務を経験したいという需要に応えたサービスが登場したわけだ。
費用は実務を経験したい人は月29,800円、案件を提供する企業は無料となっている。
 
 

ジョブ型が子どもの教育に与える影響

以前ジョブ型に関する記事を書いたことがある。

moutei.hatenablog.com

 

 

私はエンジニアというジョブ型の仕事に就いている。

今度到来するジョブ型時代は、子ども達の教育にも大きな影響を与えることになる。

生涯学習という考え方は今までは一部の専門職や上昇志向の高いエリートのみが持っている考え方だった。
事実、社会人になると全く勉強をしなくなる人も多い。そういう人が周りに多数いる環境なら、劣等感や不安を感じることもない。
 
今後時代は変わり、勉強しなければ昇給が見込めない世の中になっていく。
生涯学習の時代に突入するのだ。
 

あなたは子どもの頃に両親が勉強する姿を見たことがあるか

自身の子どもの頃を思い返してもらいたい。親自身は勉強しないくせに自分に「勉強しなさい」と言ってくることを、納得できないと感じた記憶は無いだろうか。
両親が勉強していないのに、子どもに勉強をしろと言っても無理な話なのだ。
 
だから子どもは学びに興味を持てず、親を尊敬も出来ず、大人になれば勉強をしなくて良いのだと思い込んでしまう。
 
その結果が今日の日本だ。高校や大学が勉学に励むところという意識はなくなり、遊びやバイトに精を出すようになってしまった。
そして何も専門的なスキルも持たないまま、社会に出ようとしてしまう。
 
両親が勉強をしている姿を見せることで、今後子どもの価値観や学習意欲は変わっていく。
 

Amazonタイムセールで育児用品を買う

Amazonのタイムセールが2022年2月26日(土)9時00分~2月28日(月)23時59分まで開催される。

 

育児用品も20%程度オフになっているので、いくつか紹介したい。

 

オムツポッドのカートリッジ

オムツポッドの定番のポイテックのカートリッジ6個入りが、通常5816円の15%オフの4950円。

 

オムツ

グーンプラスが通常4,389円の20%オフの3,511円。

 

おしりふき

通常3238円の20%オフの2590円。

 

人生には3人の友人が必要である。エンジニアを友人に持とう。

アメリカのことわざに「人生には3人の友人が必要である。医者と弁護士と○○である。」というものがある。○○は諸説あるようだが、FPが有力のようだ。

 

日本ではどうだろうか。医者も弁護士も友人にいたらとても心強い存在だ。もう1つ挙げるとしたら何になるだろうか。私はエンジニアを推したい。

 

なぜエンジニアなのか

エンジニアの生活や思考は、未来を先取りしていると言っても過言ではない。エンジニアが今現在当たり前のように仕事術や価値観が、他の職業にもいずれ伝播していく。それがDXというものだ。エンジニアはDXの先駆者であると言える。

どんな職業であれ、今後はDXを無視することは出来ない。少子高齢化の日本において、DXを無視していたらビジネスの利益率は下がる一方だ。

エンジニアのことを知ることで、自身が今後仕事や生活とどう向き合っていくべきかを考える手助けになるはずだ。

 

医者や弁護士は困ったときに相談できる存在だ。でもエンジニアは、困ることになる前に相談出来る存在となる。

 

なお、本記事ではエンジニアという表現を、Web系エンジニアという意味で使っている。

エンジニアの生活を紹介

エンジニアの生活を少し紹介したい。

リモートワーク、ジョブ型、成果主義、副業、これらはエンジニアにとって既に一般的なこととなっている。

勤務時間も厳格に決まっておらず柔軟に働けるため、育児に避ける時間も他の職業に比べると多い。それにより夫婦や親子の絆も深まる可能性が高いだろう。

リモートワーク

まずはリモートワークについてだ。

コロナの流行はリモートワークの普及を促進した。家賃の高い東京都心を去り、快適な住環境を求めて東京23区外や神奈川、千葉、埼玉、茨城など近隣の県へ住居を移したエンジニアも多い。QOLが爆上がりしたわけだ。

 

なお、リモートワークでは無かった頃も、通勤ラッシュというものはエンジニアにとって無関係の代物だった。12時頃に出社するエンジニアが多いため、その時間の電車は空いているからだ。

 

これは余談だが、エンジニア界隈ではこの2年ほどで子どもが出来た人がとても多い。リモートワークにより夫婦の時間が取りやすくなったことは大きいだろう。

 

ジョブ型

次にジョブ型だ。日本企業の終身雇用制度は限界に来ており、今後早期退職がどんどん盛んになっていく。それに合わせて、日本独自のメンバーシップ型の働き方からジョブ型へのシフトが進むと言われている。この辺りは法改正の進行度合によりスピードは変わってくるだろうが、遅かれ早かれ世間がジョブ型へ移行していくことは避けられない。

もし自身がメンバーシップ型の働き方をしているとしたら、危機感を持った方が良い。

エンジニアは皆プロフェッショナルであるという自覚を持っており、明確に自分のスキルを語ることが出来る。そのため、転職は苦では無いし、食いっぱぐれないという自信もある。

でも、メンバーシップ型ではこうはいかない。「大企業で課長をやっていました」のような企業やポジションのアピールは、今後無意味になっていく。

 

成果主義

続いて、成果主義についてだ。

エンジニアは年功序列ではなく成果主義だ。技術があれば若くして多くの給与を得ることが出来る。初任給も一律ではない。

逆に言うと評価されていない人は、何年勤めようが給与は上がらない。そして、並の評価の人は一定の給与水準まで行ってしまうと、そこから上がることが劇的に難しくなる。2:6:2の法則というものがあるが、優秀な2割にこれまで以上に給与が支払われることになるからだ。

それに不満を持つ人は辞めていけば良い、または努力をすれば良い、と企業側は思っているということだ。

 

副業

そして副業だ。

エンジニアは人手不足で、数年間の業務経験があれば副業を簡単に探すことが出来る。

私の周りの見ると、独身組は結構な割合で副業をしているように感じる。

先ほど述べた郊外への移住による生活コストの定価とも相まって、かなりリッチな生活を送ることが出来ているだろう。

 

エンジニアなら誰でも良いのか

エンジニアという表現はいわばアスリートのようなもので、とても広義な表現となる。

そのため、今回書いたような価値を求めることが出来るエンジニアもいれば、そうではないエンジニアもいる。

 

判断基準としては今回挙げたように、リモートワークをしているか、成果主義か、柔軟な勤務体系か、他社に通用するスキルを持つジョブ型と言えるか、などの要素にマッチするかどうかは確認をしたい。

 

具体的にどうすればエンジニアの友人を持てるのかについては、また別の機会に書きたい。

なお、安易にエンジニアになることを勧める人には要注意だ。近年、プログラミングスクールのアフィリエイト情報商材で稼ごうとする人が増えている。

 

 

なぜか突然風邪を引かなくなった息子

私には2歳の息子がいるが、コロナの流行と逆行するかのように今年になってから全く風邪を引かなくなった。

厳密には、保育園で移されなくなった、という方が正しい。これまでは自己管理の問題で風邪を引くというより、保育園で他の園児が引いていて移されることが多かった。

同じクラスの他の園児を見ても、以前は鼻水を垂らしている子をたまに見かけることがあったが、そういうことがなくなった。

 

原因は分からないが、この事実はとても助かっている。今の時期、風邪症状が出た場合は園に預けることを躊躇してしまう。もし出てしまった場合、有給はまだ余裕があるし、仕事も休みは取りやすいので休むという選択をするだろう。

 

1つ考えられる可能性としては、兄弟からの感染の可能性がなくなったことだろうか。私の息子は一人っ子だが、同じクラスの他の子は約1/3は兄弟がいる。

2歳児クラスより上のクラスは、多くの子がマスクを付けている。1日中付けることが出来ているかは分からないが、朝の登園時にはそれが当たり前の光景となった。

そのおかげで、上のクラスでの風邪の流行が減り、そのおかげで兄弟を介した感染が減少した可能性はある。

 

加えて、今年に入りコロナ感染者の発覚で何度かクラス単位での休園が発生している。休園対象のクラスの子に兄弟がいる場合、兄弟全員が休園となる。

よって、直接休園にはなっていない私の息子のクラスも、登園する園児の数が減っている。

 

なお、先日書いた記事のように、休園はここしばらくは発生しておらず、感染のピークは過ぎたと感じる。

 

moutei.hatenablog.com